ご挨拶

ようこそ、医療法人 中山内科医院のホームページへ

当院は今年で開院40周年を迎えました

当院は1979年(昭和54年)4月、堺市中百舌鳥の閑静な新興住宅地に診療所を開院して今年(2019年)で40周年を迎えました。この間ずっと地元に住み、一般内科・小児科・消化器内科の診療を中心に地域密着で診療を行ってまいりました。当院では高血圧、糖尿病、高脂血症、喘息などの一般内科診療をはじめ、専門領域である消化器・肝胆膵疾患を中心に、各種検診・予防接種、超音波検査(腹部・頸動脈)、胃カメラ検査などを行っています。また消化器疾患、肝胆膵疾患につきましては長年大学病院や一般病院勤務時代に自身の専門分野として診療に携わってまいりました。近年複雑化かつ豊富な専門知識と経験を必要とするB型肝炎、C型肝炎の抗ウィルス治療を行えるのは、日本肝臓学会認定専門医の資格を有する医師であることが大前提となっています。一般内科診療はもちろんのこと、これらの専門性の高い肝胆膵疾患・消化器疾患の精査・follow up等をご希望の方はご相談ください。また当院は在宅支援診療所の認定も受けており、通院が困難な患者様を対象に在宅訪問診療も行っています。長きにわたってやってこられたのも地域の皆様のおかげと感謝し、これからも皆さまに喜んでいただけるかかりつけ医として地域に根差した診療を心掛けてまいります。

2019年度インフルエンザワクチン接種についてのお知らせ
☆2019年度のインフルエンザワクチン予防接種は
 2019年10月21日(月曜日)より開始せて頂きます。
大人・小児共通 1回 3500円 
2回目の摂取を必要とされる方で、当院で1回目を接種された方に限り2回目の料金を2000円とさせて頂きます。

堺市在住の65歳以上の方は公費助成により1500円です。

2019年度から土曜日午前診の混雑を回避するため、インフルエンザワクチン接種は土曜日のみ予約制とさせて頂きます。2019年10月26日~同12月7日までの毎週土曜日午後1時30分~午後2時30分の間に予約枠を設けています。インフルエンザワクチン接種のみをご希望の方は、予約枠をご利用頂く方が待ち時間が確実に短くなります。ご予約はお電話(TEL:072-257-0380)にて承っております。

平日は予約制ではありません。通常の診察時間帯となりますので、日によっては待ち時間が長くなる可能性があります。

土曜日午後のインフルエンザ予約枠ではインフルエンザワクチンの接種のみとなります。お薬の処方や点滴、検査などの通常診療を行うことができません。一般診療とワクチン接種を同時にご希望の方は必ず通常の診療時間帯に受診して頂きますようお願い申し上げます。

☆状況によっては在庫がない場合もございます。インフルエンザワクチン接種をご希望の方は、来院前に必ずお電話にてご確認頂きますようお願い申し上げます
院外処方化への移行についてのお知らせ
 本年(2019年,令和元年)5月7日より、厚生労働省が推進している「医薬分業(院外処方)」政策の方針に沿い、平成31年5月1日より「院外処方」へ移行させて頂きます。これまで病院内で受け取ることができたお薬を院外の保険薬局からもらうことにより、調剤や服薬管理をかかりつけ薬局に一元化することで一層医薬品による安全面の改善、確保などが期待できると考えております。

           【院外処方のメリット】
◎充分な薬の説明や服薬指導が受けられ、
 納得して服用することができます。
◎医師と薬剤師により、別の立場から処方の内容をダブルチェック
 することが可能となり、薬に対する安全性が増します。
◎複数の医療機関で処方を受けていても、
 薬歴管理により重複投与や相互作用のチェックが受けられます。
◎国内の薬局ならどこでも自由に薬局を選択できます。
◎在宅医療に使用される医薬品の配達が
 一部条件つきで可能になります。
◎調剤の待ち時間の短縮につながります。
◎処方可能な薬剤の種類が増加します。

           【院外処方のデメリット】
◎医療機関と薬局の2か所に行かなければならなくなります。
◎医療機関で薬をもらう場合に比べて患者様の負担額が
 多少増えてしまいます。
 
健康保険のお知らせ
受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。
保険証がない場合、自費での診療になりますのでご注意ください。
来院時に必要なもの
保険証、各種(老人・公費など)受給者証をお持ちください。
現在までの診療内容がわかる情報、
服用中のお薬があれば持参してください。
薬局などからの内服薬の説明文章があればなお助かります。